日本人による日本人のための発音指導! soundsgoodの英語発音レッスンについて レッスンを受けたアーティストの声

日本人による日本人のための発音指導!

キレイな英語発音を身に付けるには、ネイティブの講師から教わるのが一番!と思っていませんか?
英会話自体の話であれば、確かにそれが一番良いかもしれません。
しかし発音の話になると、実は日本語が達者でないネイティブ講師は本当に日本人に合った、日本人に分かりやすい英語発音のコツを教える事は思いの外難しいのです。
皆さんの頭の中が日本語で成り立っている以上、英語発音に対する間違った認識や、何故間違っているのかの適切な説明もまた日本語でしっかりと説明する事が正しい発音への一番の近道だとsounds good.は考えます。

英語発音はそんなに複雑じゃない!

世の中には既に沢山の英語発音に関する著書やレッスン等があります。
しかし、sounds good.はそれらの著書等で触れる内容は複雑過ぎると考えます。
それを見て怖気付いている人がいればとてももったいない事です。
発音記号の数だけ厳密に発音を覚える必要はありません。
私達が小さい時に日本語発音を覚えた様に、ネイティブスピーカーも複雑な事など抜きに英語発音を身につけた筈です。

もっと気楽に、まず必要最低限の発音から身につけて行きましょう!

目指すべきはネイティブの発音よりも『通じる発音』!

sounds good. がレッスンにおいてまず第一の目標に掲げるのは、皆さんの英語発音を「通じる発音」 レベルに上げる事です。
少し目標が低いように感じますか?
もちろん、最終的に皆さんの発音がネイティブ並みの発音になれば、それが一番素晴らしい事かもしれません。
しかし本当のところはと言うと、イギリスやアメリカ等のネイティブスピーカーはあなたからネイティブレベルの英語発音を求めてはいないのです。
これは例えば日本でも、あなたの出身でない土地の方言やイントネーションをあなたは喋れませんが、現地の人はそれをとがめることはありませんし、あなたにそれを求めないのと同じです。
これだけ世界中色々な国で話されている英語ですので、色々な訛りがあっても良いではないかと、sounds good.は考えます。
では訛っていて良いのであれば、発音を直す必要がないのでは?と思いますよね。
残念ながら、日本語訛りは英語圏の人にとにかく通じないんです。
何故なら、日本語訛りは英語圏の人が発音を正確に認識するための「重要なポイント」 をことごとく外しているからです。

従って、何度言っても通じない事が非常に多いのです。
ネイティブの様な発音に憧れ、そして目指す。
もちろん素晴らしい事だと思います。
しかし、変に偏ったイメージだけでネイティブ発音を目指すよりも、まずは「重要なポイント」 を1つ1つクリアして行く事が一番大事ではないかと思います。
そしてその「重要なポイント」 さえ押さえていれば、多少日本語訛りであっても通じるのです。

そこから先は、あなたがどれだけネイティブ発音に近づきたいかという意気込み次第で、sounds good.はしっかりとそれをサポートします。
『通じる発音』を目指す事は決して目標が低いのではなく、確実に発音のレベルを上げて行く為の大事なステップなのです。

『通じる』発音の『重要ポイント』とは?

世界の人々に目を向ければ、どこの国の人も皆訛った英語を喋っています。
しかし訛っていても「通じる」 為の「重要なポイント」 を押さえている人達の英語はネイティブスピーカーにもちゃんと通じるのです。
例えばヨーロッパ等では多くの言語が英語と同じアルファベットから出来ています。
従って、その人達の多くは“TH”、“L”と“R”、“F”や“V”等の発音も元々使い分け出来ているので、特に問題なく発音出来るわけです。
残念ながら、日本語にはそういった要素が全くありません。
私たち日本人は0からスタートしなければいけないのです。
でもご心配なく!
sounds good.はその「重要なポイント」 を日本人が一番理解し易い適切な表現で教えます。
今までの日本人特有の英語発音に対する誤解が解ければ、正しい発音がもっともっと身近なものになるのです。

sounds good.では、発音についての難しい説明は極力抜きにして、日本人が一番分かり易いポイントをしっかりと押さえて発音の仕方を教えますので、皆さんが思っている以上に簡単にキレイな発音が出来るようになります。

英語は音で出来ている!

私たち日本人は身の回りに存在する全ての音を日本語の五十音だけで表現します。
しかしそれは日本人にだけ通じるフォーマットに音を変換しているだけなのです。
例えば、「コケコッコー」 「ワンワン」 「ハクション」 「キャー」 などは、日本人が、聞こえた音を独自に日本語に当てはめただけなんですね。
こういう音は世界中の言語で色々な解釈がありますので、当然どこが正解というものではありません。
しかし、英語発音という具体的な課題の上では、日本語に当てはめること(無意識も含めて)はやってはいけないのです。
sounds good.では英語には日本語に当てはめられない音が沢山あること、または当てはめ方さえ正せば一気に改善することを、ミュージシャンとして培った鋭い耳と感覚で、日本人にとって一番の近道で教えています。

SG_CONCEPT_ILLUST

sounds good.の発音レッスンについて

sounds good.は完全にあなたの英語発音のレベルに合わせて、1つ1つ発音を改善していくレッスンを行うため、全ての方が同じ行程でレッスンを行う訳ではありません。
よってテキスト等の教材を購入する必要は一切ありません。
言わば、お医者さんのようなもので、あなたの発音を1つ1つ治していくとお考え下さい。

レッスンの流れ

SG_LESSON01

初回レッスン時にはこちらが用意する簡単な例文(歌詞等を使った文章)を読んで頂き、あなたの発音のウィークポイントを洗い出し、今後のレッスンの流れや課題について説明します。

 
SG_LESSON02

まずは基礎をしっかり身に付けるため、あなたの苦手な発音の中で重要度の高い“L”と“R”、“TH”等から、何が原因で正しく発音出来ていないのか、どう捉えればキレイに発音出来るのかをしっかり教えて行きます。

 

SG_LESSON03

苦手な発音がある程度克朊出来たら、フレーズや文章の中のアクセント(強音)がどこにあるか、単語1つ1つがが繋がる仕組みを教えることで、流れるように話せるよう指導します。
因みに、ここまでのことがきちんと身に付けば、「通じない」 ということは無くなります。

 
SG_LESSON04

ここから先はあなたのやる気次第で、更にネイティブに近い発音を目指します!
アメリカ発音、イギリス発音、に希望があればそれぞれの特徴を教えることも出来ます。

レッスン場所

東京都内、出張致します。ご相談下さい。
カフェやファミレス等もOKです。
※東京近郊等、場所によっては交通費を別途ご負担頂く場合があります。

レッスン費用

入会費:通常3,000円 ⇨ 期間限定 0
単発レッスン1時間:5,000円
(1時間も可能ですが、単発のレッスンの場合最低約2時間を想定しています)
又は1回90分で1ヶ月又は4回分で通常28,000円 ⇨ 期間限定 20,000
(スケジュールは相談の上決定)

こんな人にオススメ!

★留学や海外でビジネスする人に!

留学や海外でのビジネスを予定しているが(もしくは経験した)、発音に自信がない、日本語訛りでは無くカッコ良く発音してみたい方。

★英語の歌をカッコ良く歌いたい!

プロ、アマ問わずキレイな発音でカッコ良く、ネイティブの人にもきちんと伝わるように歌いたいシンガーの方。

★キレイな発音で英語のセリフを喋りたい!

役者、声優で英語の台詞を喋らなくてはいけなくなった、急いでキレイな発音を身につけたい、もしくは今後の為に備えておきたい方

★学校で英語を教える立場だが発音がまるっきりダメ!

自信を持って生徒に発音が教えられるよう自分の発音を強化したい方


これ以外にも様々な理由で、キレイな発音を手に入れたい、なかなか上達せずに悩んでいる、諦めている人は是非sounds good.のレッスンをお試し下さい!

ドラマーとして様々なアーティストのサポート、
レコーディングも務める異色の英語発音トレーナー

榊原 大祐

daisuke sakakibara
1975年
北海道に生まれる。
英語が得意であった母の勧めもあり、中学の頃からビートルズ等の洋楽を聴き始め、自然に聞いたままの英語発音が出来る様になる。
同時にどう伝えれば他の人も聞いたままの発音が出来るのか考えるようになる。
その気持ちが現在に結びついている。
1994年
そのまま音楽にのめり込み、高校より本格的に始めたドラム修行の為、19歳で渡米し、2年間アメリカで英語とドラムを学ぶ。
1996年
イギリスのミュージックシーンに憧れロンドンに渡る。
ロンドンでドラマーとして音楽活動を始めると、日本人である自分の発音がアメリカ訛りである事に気づき、徐々にイギリス英語に直していく。
結果的にアメリカとイギリス両方の発音の違いを心得る。
2004年
帰国後東京でドラマーとして様々なアーティストのレコーディング、ライブサポートを始める。
2013年
音楽業を続ける傍ら、以前から個人的に知り合いのシンガーや社会人に発音の手ほどきをする中、やはり自分の培って来たノウハウを広く伝える事で日本人はもっともっと簡単に英語発音を改善できるはずであると確信し、sounds good.を立ち上げるに至る。

 

東田トモヒロ、Rie fu、ベベチオ、一十三十一、つじあやの、青山テルマ、Leah Dizon、テゴマス、レオ今井、Hicksville、TICA、Natural Calamity、高橋徹也、Lamp、シシドヒナタ、etc...

SG_BIOGRAPHY_ILLUST

レッスンを受けた人たちの声

実際にレッスンを受けた方から頂いたコメントを抜粋しました。
レッスンの雰囲気を知る参考にしてもらえればと思います。


真城めぐみさん

HICKSVILLE ヴォーカル

真城めぐみさん

皆さんこんにちは!ヴォーカリストの真城めぐみです。
私は小学生の頃に洋楽に出会いプロになった今も時々カバー曲に英語の歌を選んで歌っています。
しかし私は英語が全く話せないのです。
ですからカバー曲に関しても自分に聞こえたまま、適当にとは言いませんが勝手な解釈でここまで歌って来たのです。
時々お客様の中に外国人の方が居る事もあります。
その度に「ちゃんと勉強しておけばなぁ…」 と言う後ろめたさがあるのは否めません。
そんな中ダイちゃん(通称)のレッスンを受ける機会が訪れたのです。
英語の喋れない者にとっては出来る人を前には口に出すのも恥ずかしいものです。
しかし、彼の人柄もあってか受けてみよう!と言う気になったのでした。(笑)
私の場合はいつも歌っているナンバーを教材に選びました。
長年に渡って何となく誤魔化してきた「言葉の意味」 と「発音」 を丁寧に教えてもらい、ようやく「正しい発音」 の仕方が理解出来ました。
日本人である彼ならではのとても解り易いレッスンだと思いますよ。
今はその時のアドヴァイスを頭に思い浮かべながら歌っているのです。
私も本当は彼の様に話せる様になりたいのです。
単に会話を学びたい方、私の様に歌を歌ってる方にもオススメします!

「ヒックスヴィル」 のボーカリスト。
80年代後半から東京のモッズシーン~ネオGSシーンにてライヴ活動を開始。
片寄明人、木暮晋也、中森泰弘、高桑圭、白根賢一と「ロッテンハッツ」 を結成。
「ロッテンハッツ」 解散後、木暮晋也、中森泰弘と結成した「ヒックスヴィル」 ではリードシンガーとしてフロントに。
ポップミュージック全般における豊富な知識と愛情にあふれた音楽世界で、今までに3枚のアルバムを発表している。
並行して数多くのアーティストのレコーディングやステージをサポート。

blog:http://hicksville-megu.at.webry.info/
Twitter:https://twitter.com/mashiromegumi


武田カオリさん

シンガー

武田カオリさん

英語の発音について、日頃から疑問、質問がいくつかありました。
アメリカ人の知り合いに教えてもらう機会もあったのですが、これがもう全然わからない!
難しい発音も無意識にやっている彼らですから、それをあらためて説明するとなるとそれはそれで難しいようで…
と、いう経験も過去にあったためか、今回はとにかく目からウロコの連続だったのです。
何しろ同じ日本育ちですから日本語の発音や感覚になぞらえて教えてもらえる事がわかりやす過ぎて、一体今までは何だったのかと思った程です。
私は歌を唄う仕事をしており、同時に、日本語でも英語でも相手に何かを伝える仕事でもあるのです。
ですので、よりはっきり伝えるべく今まで曖昧にしていた発音の口の動きやアクセントを確認してもらい、長年の謎も解けてすっきりしました。
是非またよろしくお願いします!

1999年ギタリスト、石井マサユキ(guitarist, producer)とのユニットTICAを結成
ROCKをベースにFOLK,DUBなどのエッセンスを加えたTICAワールドを展開している。
ソロ吊義での活動は、年にソロアルバム「東京のシンフォニー」 をリリース。
その他、ゆらゆら帝国、HAKASE-SUN、中島ノブユキ、東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト、川上つよし率いる『川上つよしと彼のムードメイカーズ』等に参加。
TV-CMでの歌唱は2006年頃より。
様々なキャラクターを演じられる魅力を感じながら今日に至る。


真城めぐみさん

シンガー

一十三十一(ヒトミトイ)さん

やわらかい大ちゃんによる、わかりやすくて新しい発音レッスンは、「へ〜」 な「ほ〜」 な感心タイムでした。
本当にちょっとしたコツで急にそれっぽくなってなんかいい感じ♡
かっこよく洋楽歌いたければ、もう迷わず大ちゃんとこです。

札幌出身。
幼少時代よりスパイシーな家族とともに世界諸国を旅して廻る。
2002 年「煙色の恋人達」 でデビュー。
" 媚薬系" とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルでアーバンでエキゾな独自のポップスを展開。
2007 年にはディスニーアニメ「リロイ& スティッチ」 のエンディングテーマを歌う。
「JINTANA & EMERALDS」 はじめ、別吊義でのプロジェクト多数。
CM音楽やナレーションなど様々なフィールドで活躍中。
2011年初夏より、初の主演映画「百合子、ダスヴィダーニャ」 が全国で順次公開中。
2012年6月、5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『CITY DIVE』をBillboard Recordsよりリリース。
また11月14日には、邦楽カバーアルバム『YOUR TIME Route1』でルーツとなるシティポップの数々をカバーしている。
この6月、オリジナル・アルバム『Surfbank Social Club』を同レーベルよりリリース。


真城めぐみさん

シンガーソングライター

HARCOさん

英語の発音を重視したレッスン、実は、これこそ僕が前から体験してみたかったもの。
英会話もままならないのに、英語の歌をカバーすることは多いです。
とにかく発音さえもう少しマシになれば、、、
という風にさまざまな過程をショートカットしたくなっちゃうんです。
歌っているときの発音の「迷い」 の先には、 ちゃんと「答え」 があって、それは「ルール」 でもある。
選択肢をあえて一つにして、そのルールに乗って歌うだけで、すごく身体が楽になります。
それは喋るときも同じじゃないかなぁと思います。
カバー曲を歌っていて「R」 の無いところでわざわざ舌を巻いちゃうことがあるんですが、そもそも「R」 があっても舌を巻く必要なんてそんなにないみたいです。
そんな風に子供の頃から椊え付けられた英語のイメージで、誤解してるところっていっぱいあるんですね。
榊原先生は、まっすぐな目で熱心に教えてくれますよ~。
「本物っぽい」 って言われたときは嬉しいです。まだ単語ひとつですけど(笑)。

青木慶則のソロ変吊ユニット。
1997年よりHARCO(ハルコ)吊義で活動を開始。
シンガーソングライターでありながら、キーボード全般、ドラム、マリンバなど多くの楽器が演奏できるマルチプレーヤーでもある。
CMの作曲や歌唱、ナレーションでも注目を集める。

blog:http://www.harcolate.com


私が英語に対する苦手意識が出たのは帰国子女の夫と結婚してから。
彼の周りのネイティブと帰国子女の集まりのそれはそれは流暢かつスピード感のある会話。
それまで何となく感覚で覚えてきた発音や会話力ではまったく太刀打ちできず、集まりに出ることが日に日に億劫になっていました。
とある発音クリニックに参加したところ、講師の方に発音記号をすべて覚えましょう、そのほうが早いです、と言われ、同時期にネイティブの先生に英会話も習い始めたのですが、ネイティブの先生も夫も「そんなに発音を気にしすぎずに、どんどん積極的に話せば良いよ。」 とのアドバイスが。
確かにその通りですが、ちゃんと正確に発音出来ているという自信が土台にあるとないとでは大きく違うのではないかと感じる私は今後どうしたら自分の会話に自信が持てるのだろうかと八方塞がりの気持になっていました。
そんな矢先に、たまたまsounds good.のことを耳にして、恥を承知で通ってみることにしました。
まず、一番最初に言われたことは
 「発音が正しく出来ないのはあなたのせいじゃない。
日本の英語発音教育が悪いからなんだよ。
だから心配せずに任せて!」
という頼もしい言葉でした。
今まで“L”と“R”が発音の違いが理解出来ていないから聞き取れない、それは教える先生のやり方が悪かったこと、一般的なやり方では身につかない、それはなぜか、ということを丁寧かつ理論的に説明してくれました。
そして実践へ。
私の発音に対して1つ1つ丁寧に根気よく正しい発音が出来るまでつきあってくれます。
なかなかうまく出来ない時も、嫌な顔もせずにいてくれ出来たときには自分のことのように喜んでくれるのです。
先生はプロのミュージシャンでもあり、耳の良さ、そして厳しい世界に身を置いているだけあって根気強く優しいです。
いつの間にか出来ない自分を見せることが恥ずかしい気持よりも少しでも出来るようになりたいという気持ちが先になっていることに気付きます。
ちなみにSounds Good.の教え方は、一般的な発音本の注意点とはかなり違います。
マンツーマンで、目で耳で確認しながら口を動かすことで初めて体感できることが多いです。
目から鱗な注意点が沢山でした。
そして一番の特徴はとっても教え方がシンプルであること。
先生がアメリカとイギリス両方に長く滞在していたことでどちらにも偏らない「綺麗な発音」 を大切にしていることが特徴だと思います。
発音だけ勉強しても意味がない?そんなことはありません。
私は発音が身についてきたら少しずつ聞き取りも良くなってきましたし、話そうという積極性が出てきました。
何より英語の勉強のモチベーションが高まったことに驚いています。
まさに相乗効果です。
私のようにある程度書いたり読んだりできるのに、話すのが怖いという方。
まずは発音から見直してみませんか?
(匿名希望)
今回は英語曲のカバーのためにお願いしました。
自分なりに声の出し方を意識しつつも、「もっと原曲の響きに近づけたい」 と考え、榊原さんにレッスンを依頼しました。
どうしても日本語の発音を基本にして考えてしまって、榊原さんは何度も根気よくアドバイスをして下さいました特に口の開き方や舌を当てる位置などからくる、根本的な「音」 としての捉え方を学べたことは、今後別の曲をカバーする際はもちろん、英語を話す機会が訪れた時のためにも貴重な体験だったと感じています。
レッスン中に自分の口から出てくる英語がどんどん変わっていく、とても楽しく充実した時間でした。
おかげさまで本番でも自信を持って歌うことができました。
(T.F./29歳/男/ミュージシャン)
何が通じて何が通じないのかがはっきりしたので、完璧なネイティブの発音を目指さなくても大丈夫なのがわかって安心した。
現地でなぜ通じなかったのかなと思うことが多かったのですが、今は当然通じてなかっただろうなと実感しています。
外国人より日本人に習ったほうが早いと実感しました。
海外に行く前にチェックしてもらって自信がつきました。
中学1年のときにまず教えてもらいたかったです。
目から鱗だらけで今まで何だったんだろうと思いました。

連 絡 先

興味のある方も、今度こそ自分の発音を改善したい!という方も、まずは下記メールアドレスまでご連絡下さい。
こちらから改めてご連絡致します。
Facebook、Twitterでブログも随時更新しております!